プログラマカレッジからwebデザイナーになれますか?

【プログラマカレッジ】国内最大級の就活直結型プログラミングスクール

たった3ヶ月でITプログラマに。20代のための完全無料研修で資格も取得。充実の就職支援で優良企業の正社員へ!

プログラマカレッジの評判は最悪?100件の口コミでデメリット完全理解

たった3ヶ月でITプログラマに。20代のための完全無料研修で資格も取得。充実の就職支援で優良企業の正社員へ!

プログラマカレッジの評判は最悪?100件の口コミでデメリット完全理解

プログラマカレッジからwebデザイナーになれますか?

結論、「コーディングできるWEBデザイナー」を目指すなら、プログラマカレッジはオススメの選択肢です。

その理由を、プログラマー&デザイナーとして働き、現在は大手IT会社で現役WEBディレクターを務める僕が回答します。

\【完全無料】未経験の正社員就職率96.2%/

外出せずオンラインで説明会に参加!
カンタン30秒で申し込み

✔︎ 説明会後の勧誘は一切ないのでご安心を。

クリックできる目次

そもそもWebデザイナーとは?

そもそも、WEBデザイナーの仕事は以下の4つの流れに分類できます。

プロセス内容
①UXデザインユーザーが価値を感じるサービス体験の設計
②UIデザインユーザーがサービス体験を実現できるため、情報・機能をわかりやすく提供
③ビジュアルデザインブランドイメージや与えたい印象に沿う、色・形・テクスチャ(質感)の設計
④実装①〜③の開発

例えば住宅設計で例えてみましょう。

住宅設計をするとき、いきなりビジュアルデザイン(家具やキッチンのデザイン)を始めませんよね?

まずは全体の生活コンセプトを固め、そこから間取りを決め、家具の配置を考えるはず。

プロセス内容具体例
①UXデザイン生活コンセプト老後まで暮らせる安心住宅
②UIデザイン間取り・平家
・生活導線をまとめる
・段差を減らす
③ビジュアルデザイン家具、壁や床の色彩、全体の材質・動かしやすい軽い木材の家具
・ナチュラルテイスト
④実装①〜③の施工

Webデザインも同じで、いきなりビジュアルデザインを行いません。

例えばYoutubeなら、

Youtubeの画面
プロセス内容
①UXデザイン興味関心に合う動画がレコメンドされ、何時間でも見続けられる体験。
②UIデザイン・検索よりレコメンド動画を強調。
・興味のある動画に目を留めると、一覧ページで再生。
・夜でも目に痛くないよう、ダークモードを用意。
③ビジュアルデザイン・動画サムネイルで色んなカラーが使われるので、アプリカラーは白黒シンプル。
・タイトルよりサブタイトルのフォントサイズを下げる。
・動画タイトルの「フォントサイズ」と「カラー」は統一。
・タイトルだけ他要素より認識しやすくする。
④コーディング①〜③の開発

といった流れで、アプリのデザインを決めていきます。

つまり、実際のデザインに入る前に「サイト流入からサイトゴールまでの全体設計」という上流工程があるわけです。

一方、多くの人が、

WEBデザインとは、ビジュアルデザインを行う仕事

と勘違いしているのではないでしょうか。

実態としては、先程の4つのプロセスの総称が「WEBデザイン」であり、

その4技能のいずれか(あるいは全て)をできる人材が「WEBデザイナー」と呼ばれます。

プログラマカレッジで習えるのは、コーディングまで

プログラマカレッジでは、HTMLやCSSというサイトコーディングに必要なスキルは学べます。

プロセス内容
①UXデザインユーザーが価値を感じるサービス体験の設計
②UIデザインユーザーがサービス体験を実現できるため、
情報・機能をわかりやすく提供
③ビジュアルデザインブランドイメージや与えたい印象に沿う、
色・形・テクスチャ(質感)の設計
④コーディング①〜③の開発(プログラマカレッジで学べる)

実際、プログラマカレッジでは以下のブログサイトを「ゼロから」作ります。

コーディングスキルが身につくのかイメージできるでしよう。

プログラマカレッジで作るブログサイト

webデザイナーになるには、「デザインスキル」と「プログラミングスキル」と2つが必要です。

「プログラミングスキル」に関しては、プログラマカレッジでみっちり学ぶので問題なしです。

一方、「デザインスキル」はプログラマカレッジ では学ばないので、研修中〜就職後に勉強する必要があります

独学で勉強するって事ですか?
未経験からの転職なのに、そんなこと言われると困ってしまいます。

大丈夫です!プログラマカレッジなら、未経験歓迎のWebデザイナーの求人があります。

プログラマカレッジ には、未経験から就職できるwebデザイナーの求人がある

プログラマカレッジの運営会社インターノウスは、ProEngineerというITに特化した転職サイトも運営しています。

ProEngineerに載っている求人にはプログラマカレッジからも応募可能なので、このサイトを使うことで「未経験歓迎のwebデザイナーの求人」を確認することができます。

具体的な確認方法をご紹介します。

未経験歓迎のwebデザイナーの求人を確認する方法

ProEngineerのサイトにアクセスすると、ITに関連する求人が出てきます。

これだとwebデザイナーの求人が探しづらいので、職種で絞り込みをします。

右側の絞り込みメニューのところに「webデザイン系」という職種があります。

右にある「+」アイコンを押すと、さらに詳細な職種が表示されます。

ここから「webデザイナー」にチェックをつけると、希望の求人で絞り込めます!

「webデザイナー」の職種で絞り込みできましたか?

うまく絞り込みできると、webデザイナーのみの求人が表示されますよ!

こちらの求人のように、未経験でも応募できる「webデザイナー」の求人があるので、未経験からプログラマカレッジ に通ってwebデザイナーになることができます。

\【完全無料】未経験の正社員就職率96.2%/

外出せずオンラインで説明会に参加!
カンタン30秒で申し込み

✔︎ 説明会後の勧誘は一切ないのでご安心を。

まとめ|プログラマカレッジなら、デザインが学べる企業へ就職できる

もしあなたが、入社してから本格的にデザインを学びたいなら、プログラマカレッジはまたおすすめの選択肢に入ります。

というのも、

デザインを学ぶのにお金をかける必要はない

からです。

僕自身、デザインを学ぶのにデザインスクールには通っていません。

デザインが学べる本を数冊読んでデザインの原則を学び、イケてるサイトを模写して、デザイン力を独学で学びました。

模写したデザインを抱えてデザイン会社に応募し、まずアルバイトとして雇われながら、プロのデザイナーと一緒に働くことで、デザイン力は自然と身についていきました

僕は美大出身でもないし、スクールにも通っていていません。

ぶっちゃけWebザインは、プログラミングに比べて習得難易度は低いです。

本を読んで原則を学び、イケてるサイトを模写して引き出しをつくり、あとはプロにアドバイスもらいながら働けばスキル身につきます。

よって、

コーディングスキルを身に着けて、会社で働きながら、独学で学びながらデザインについて学べる人

は、プログラマカレッジはオススメというわけです。

本当に就職できるか不安な人は、一度プログラマカレッジの社員の方に伺ってみてください。

  • Webデザインに必要なコーディングスキルは学べる事
  • 未経験でも働けるWeb制作会社に就職できる事

について、社員の方から直接回答をもらえますよ!

\【完全無料】未経験の正社員就職率96.2%/

外出せずオンラインで説明会に参加!
カンタン30秒で申し込み

✔︎ 説明会後の勧誘は一切ないのでご安心を。

コメント

コメントする

目次
1番上へ
クリックできる目次
閉じる