無料プログラミングスクールの危険な闇。知らないと後悔する3つの罠とは?

評判の高い無料プログラミングスクールTOP3
  • 第1位:プログラマカレッジ
    【公式】programmercollege.jp
    業界最大手の無料プログラミングスクール。紹介企業は3,500社で業界最多。チーム開発も経験できる420時間のIT研修で就職率は98.3%!違約金も0円で完全無料。JavaSilverの資格受験料もキャッシュバック。先着30名限定でPCプレゼントキャンペーン中
  • 第2位:ネットビジョンアカデミー
    【公式】netvisionacademy.com
    GoogleMapの口コミが星5中4.8!未経験が選ぶインフラスクール第1位。受講料もテキスト代も無料。インフラ資格「CCNA」の合格率は99%。資格で実力をアピールできるので就職率も98%と高い
  • 第3位:42 Tokyo
    【公式】42tokyo.jp
    フランス発のエンジニア養成機関。生徒同士のピアラーニング主体のカリキュラム。受講料が完全無料。年齢制限もない。コンピューターサイエンスの基礎から応用まで学べる。卒業までの平均年数は2年

タダシ

無料プログラミングスクールに通いたいけど、

・本当にスキルが身につく?
・就職先はブラックが多い?
・隠された闇はない?

など、いろいろ心配です。

このお悩みを解決します。

無料プログミングスクール特集サイトを運営し、20社以上のスクールを比較してきましたが、悪質な無料プログラミングスクールは確かに存在します

実際、以下のような悪質なスクールが存在するのが、無料プログラミングスクールの実情です。

  • 受講料無料と言いつつ、途中退学すると違約金30万以上
  • 就職先はスクールが紹介できるブラック企業のみ
  • 卒業生の評判は最悪
スクオ

悲しいかな、そういった悪質スクールはアフィリエイト報酬が高いため、スクール紹介メディアの大半は「闇」を隠しています。

そこでこの記事では、お金をかけずにIT転職を「成功」させたいあなたに向けて、無料プログラミングスクール選びで「絶対に注意すべき3つの罠」を解説します。

悪質な無料スクールに捕まって大切な人生の時間を無駄にしないよう、ぜひ参考にしてください。

Youtubeでも紹介しています!

ランキング記事はこちら!

この記事の信頼性
スクオ
  • 未経験からITスクール卒業後、IT業界に就職
  • 一部上場企業のWebディレクター
  • 無料ITスクール専門サイトの運営者
  • 20社以上の無料ITスクールを徹底比較

>>運営者プロフィール

クリックできる目次

無料プログラミングスクールに潜む3つの闇

無料プログラミングスクール界隈に潜む闇は主に3つあります。

  1. 違約金が高額
  2. 就職先がブラックばかり
  3. スキルが身につかない

図を使いながら、1つずつ丁寧に説明していきます。

①違約金が高額

1つ目の闇は、「違約金が高額」なこと。

悪質スクールは「受講料無料」という広告文句で人を集めながら、実は「途中退学で違約金40万」ということが多々あります。

違約金の説明はサイト内で掲載されておらず、利用規約の一部にちらっと書かれています。

スクオ

利用規約をすべて読んで契約する人は少ないため、違約金に気づかぬままスクールに入学してしまいます。

高額な違約金のせいで、スクールを途中退学できません。

どんなに劣悪なサービスでも、就職先がブラック企業ばかりでも、違約金という「実質的な借金」のせいで身動きがとれなくなってしまいます。

無料プログラミングスクールの蟻地獄にハマる最大の原因が「違約金」です。

スクオ

無料プログラミングスクールに入学するときは「絶対」違約金について確認してくださいね!

②就職先がブラックばかり

2つ目の闇は、就職先がブラックばかりということ。

無料スクールの多くは、IT企業への人材紹介料で経営しています。

そのため、「スクールが紹介できる企業しか就職できない」ケースがほとんどです。

つまり、「紹介先が評判の低いブラック企業ばかりでも、必ずどこかに就職しないといけない」という事態に追い込まれます。

違約金のあるスクールだと、途中退学で高額な違約金が発生するため、逃げ出すこともできないわけです。

スクオ

「途中退学で違約金」&「就職先はブラック」という組み合わせが、無料プログラミングスクール地獄を作っているわけです。

③スキルが身につかない

3つ目の闇は、スキルがほとんど身につかないということ。

高額な違約金のあるスクールの場合、

  1. 生徒が途中でやめる
  2. 生徒がブラック企業に就職する

のどちらにせよ、収益が発生します。

またブラック企業には、「スキルはどうでもいいから単純作業だけできる人材が欲しい」というところも。

上記を踏まえると、スクールにしてみれば「生徒にスキルがつく/つかない」はどちらでもいい、ということになります。

スクオ

要は広告宣伝費にお金をかけて見栄えだけよくすればOKなので、カリキュラムを磨く必要がないわけです。

  • 現場でも使えない質の低い教材を渡される
  • 質問対応はなくほぼ独学で学習
  • 卒業してもほとんどスキルが身につかない

こんな状態でブラック企業に勤めても、スキルがないので他会社に転職することもできません。

これが無料プログラミングスクール3つ目の闇になります。

無料プログラミングスクール選びの4つのポイント

ここまで、無料プログラミングスクールに潜む3つの闇について説明しました。

  1. 違約金が高額
  2. 就職先がブラックばかり
  3. スキルが身につかない

もちろん全ての無料スクールが怪しいわけではありません。

守るべきポイントを抑えれば、お金をかけずIT転職に成功できる質の高い無料プログラミングスクールを選ぶことができます。

そこで次に、無料プログラミングスクール探しにおいて確認すべき4つのポイントを解説します。

  1. 違約金の値段
  2. 就職できる企業数
  3. 学習サポート
  4. 生徒の評判

このポイントを抑えると、無料スクールの闇にはハマる危険性がグッと減りますよ!

ポイント①:違約金

最初にチェックすべきポイントは以下2つです。

  • 途中退学したら違約金は出るか
  • 違約金の値段はいくらか

無料プログラミングスクールの中には途中退学で30~40万の違約金が出るところもあります。

高額な違約金があるスクールの場合、劣悪なサービスから抜け出せなくなるため、検討候補から落とした方が賢明です。

逆に言えば、違約金がないスクールなら途中で抜け出すことができます。

スクオ

違約金は最優先で確認するべき、ということですね!

ポイント②:就職できる企業数

次に確認すべきは、就職できる企業数です。

就職できる企業が少なければ少ないほど、就職先企業のバリエーションが減ります。

無料プログラミングスクールには、「1社」しか紹介できないところもあれば、「7,000求人」も紹介できるところもあります。

スクオ

紹介できる求人数が100社を切っている場合は、事前にスクールが紹介できる企業を教えてもらい、評判を確認しておくのがよいでしょう。

ポイント③:学習サポートの質

3つ目に確認すべきは、学習サポートの内容です。

無料プログラミングスクールの中には、

  • 専門用語バリバリのわかりづらいテキスト教材
  • 講師は元受講生の未経験エンジニア
  • 質問してもロクな答えが返ってこない

といったスクールもあります。

公式サイトや口コミを確認し、

  • 学習カリキュラムで身につくスキル
  • 学習期間(1ヶ月未満のスクールは内容が薄い可能性があり)
  • 講師のエンジニア経験有無
  • プログラミング系の資格合格率

などをチェックしてください。

ポイント④:生徒の評判

4つ目に確認すべきは、生徒の評判です。

Googleマップでスクール名を検索すれば、卒業生のレビューが見つかるはず。

直近1年以内のレビューをチェックし、

  • スクールのデメリット
  • スクールのメリット

を整理すると良いでしょう。

スクオ

デメリットが多すぎるスクールは、往々にして質の悪いところが多いです。避けたほうが賢明でしょう。


ここまで、質の悪い無料プログラミングスクールを見極める4つのポイントを解説しました。

  1. 違約金の値段
  2. 就職できる企業数
  3. 学習サポート
  4. 生徒の評判

1~4のチェック項目をクリアしたスクールなら、質の低いスクールは除外できています。

スクールの説明会に顔を出して、実際の雰囲気を確認してみましょう。

タダスクは、厳選なチェックに通った優良スクールのみ紹介

タダシ

4つもチェックするのって大変だな…。
どこが一番おすすめ?

タダスクなら、4つのポイントで厳選したおすすめのスクールランキングを紹介しています。

スクロールできます
項目評価ロジック
料金※違約金含む (5):完全無料
(4):1~10万
(3):11万~30万
(2):31万~60万
(1):61万以上
カリキュラムの質 (5):オリジナルWebサイト開発支援あり
(4):学習教材+講師に質問可能(+α)
(3):学習教材+講師に質問可能
(2):学習教材
(1):学習サポートなし
就職支援の質 (5):希望する企業に合わせた就職支援あり
(4):求人数 1,000以上+就職支援あり
(3):求人数 100~999+就職支援あり
(2):求人数 0~99+就職支援あり
(1):求人数 0 or 非公開
スクールの評判 (5):4.5~5.0
(4):3.5~4.4
(3):3.0~3.4
(2):2.0~2.9
(1):0.0~1.9 or 評判なし

タダスクで紹介しているプログラミングスクールなら、

  • 違約金も含めたトータルの料金が安い
  • 就職先も豊富
  • 学習サポートも充実
  • 生徒の評判も高い

スクールがわかります。

ランキング上位で紹介しているスクールに足を運べば、自分で口コミに目を通す時間を削減できるでしょう。

スクオ

ぜひ参考にしてください!

まとめ

タダシ

無料プログラミングスクールに通いたいけど、

・本当にスキルが身につく?
・就職先はブラックが多い?
・隠された闇はない?

など、いろいろ心配です。

こんなお悩みは解決されましたか?

記事の内容の振り返りです。

無料プログラミングスクールの闇
  1. 違約金が高額
  2. 就職先がブラックばかり
  3. スキルが身につかない
無料プログラミングスクール選びのポイント
  1. 違約金の値段
  2. 就職できる企業数
  3. 学習サポートの質
  4. 生徒の評判

タダスクなら、4つのポイントをクリアした質の高いスクールが事前にわかります。

口コミ全てに目を通す時間を削減するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

コメントする

クリックできる目次