5つの目的別!プログラミングスクールの選び方を徹底解説【完全保存版】

タダシ

プログラミングスクール数が多すぎ。
自分に合うスクールはどれ?

こんなお悩みを解決します。

スクオ

プログラミングスクールの数が多すぎて、どこに通えばいいかわかりませんよね。

それもそのはず。有名どころだけでも50社以上のプログラミングスクールが存在するので、未経験者だとどれがオススメかわかりません。

そこでこの記事では、以下の5つの目的別に、オススメのプログラミングスクールを紹介します。

この記事を読み終えれば、自分の目的に合ったプログラミングスクールの選び方がわかりますよ!

クリックできる目次

目的別・プログラミングスクールの選び方

スクオ

結論、目的別のプログラミングスクールの選び方は以下になります。

目的選び方
1. 手に職つけて安定したキャリアが欲しいプログラミングより学びやすく、将来にわたって安定したニーズが見込めるインフラエンジニアがオススメ。評判の良い就活支援つきインフラスクールを探すべき。
2. ニーズのあるスキルを学び、高年収と自由な働き方が得たい実務経験を1~2年積むことを最優先に、就活支援つき無料プログラミングスクールに通うのがオススメ。卒業生が未経験から活躍している企業がわかるので、1人で就活したり転職エージェントに頼り切りになるよりも、転職成功確率が上げられる。
3. 誰かに必要とされるシステムを自分で開発してみたい起業家精神の強いあなたには、ハードルが高くても自社開発企業の就職を目指すのがオススメ。自社開発企業への就職に強いプログラミングスクールに通うべき。
4. 副業としてプログラミングを学びたい副業・フリーランスとして稼げることがゴールになっているデイトラに通うのがオススメ。現役フリーランスが作成したカリキュラムで、案件獲得方法まで学べる。
5. 趣味や教養、本業の業務改善のためにプログラミングを学びたい学びたいことに合わせてカリキュラムをカスタマイズできるCODEGYM エンジニア教養MENTAがオススメ。月額制で料金もリーズナブル。
スクオ

それぞれわかりやすく紹介していきますね!

あなたにあった目的タップすると、自動でコンテンツまで移動します。

1. 手に職つけて安定したキャリアが欲しい

手に職つけて安定したキャリアが欲しい方には、プログラマーではなくインフラエンジニアへの転職もオススメです。

インフラエンジニアは、プログラマーが開発したWebサービスやITシステムが円滑に動くよう、サーバーやネットワーク、データベース周りの設計、構築、運用、保守を担う仕事です。

インフラエンジニアの仕事

常に最新の技術を勉強する必要があるプログラミングの技術に比べると、インフラの技術変化のスピードはゆるやかなため、一度身につけた技術は一生ものです。

論理敵思考力もプログラマーより必要とされないため、資格勉強など暗記科目が得意だった方にはインフラエンジニアがオススメです。

スクオ

ネットビジョンアカデミーやウズウズカレッジは、CCNAというインフラ資格勉強のサポートもしてれるため、未経験からインフラエンジニアを目指す方にオススメです!

なかでもネットビジョンアカデミーは、資格合格率99%、転職成功率98%、未経験者が選ぶインフラスクール第1位に選ばれたスクールなので、特におすすめのインフラスクールと言えます。

※調査委託先 ゼネラルリサーチ

おすすめ就活支援つき無料インフラスクール!

ネットビジョンアカデミー

無料

未経験者が選ぶインフラスクール第1位に選出。インフラ資格「CCNA」合格率は99%で、転職成功率も98%と高い。オンラインレビューサイトの評価は「4.9/5.0」と非常に高い。

ウズウズカレッジ

33,000円

受講生満足度「4.5/5.0」のオンラインプログラミングスクール。あなた専属のコーチが学習カリキュラムと就活プランを作成。これまで8,000人以上が受講。プログラマー向けのJavaコースとインフラエンジニア向けのCCNAコースあり。

記事の見出しをピックアップ!

2. ニーズのあるスキルを学び、高年収と自由な働き方が得たい

プログラミングというニーズのあるスキルを学んで高年収と自由な働き方が得たい人には、プログラマーとして実務経験を2年積むことを最優先にすることをオススメします。

事実、Web系自社開発企業への就職に強いRUNTEQの責任者 菊本久寿さんによれば、「実務経験を2年積めば、自社開発系企業からもスカウト・オファーがバンバン来ます」(#)とのことです。

スクオ

よって、高年収と自由な働き方と得たい人は、まず実務経験を2年積めることを最優先ゴールにおいて、スクールを選ぶべきです。

実務経験がちゃんとできる企業に就職するには、就活支援つき無料プログラミングスクールがオススメ。

なぜなら就活支援つき無料プログラミングスクールの多くは、スクールの卒業生が就職後どのように活躍し業績を上げているかについて、数年単位で記録した良質なデータベースを持っているからです。

スクオ

実務経験を積めた卒業生がいる企業なら、あなたが入社したあとも確実に実務に関わることができます。

卒業生の活躍から逆算して就職先を選べるため、就活支援つきの無料プログラミングスクールがオススメなわけです。

スクオ

無料なのに大丈夫?と心配になるかもしれませんが、就活支援つきスクールの方が、実務に活かせるスキルにフォーカスして教えてもらえるので、高額スクールより満足度が高いのが特徴です。

1円~1万未満の満足度は「4.5」と一番高い

調査概要:プログラミングスクール経験者の実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月17日〜同年11月19日
有効回答:未経験でプログラミングスクールに通い、実際に未経験でのITエンジニアを志望して就職・転職活動を行った方108名

わざわざ高いお金を払って有料スクールに通うより、就活支援つき無料スクールに通う方がコスパが高いのでオススメです。

スクオ

なかでも完全無料で420時間のプログラミング研修が受けられ、チーム開発もできるプログラマカレッジが一番おすすめです。

おすすめ就活支援つき無料プログラミングスクール!

プログラマカレッジ

完全無料

国内最大級の就活一体型プログラミングスクール。紹介求人数は業界No.1の3,500企業。チーム開発ありの3ヶ月の充実したカリキュラムで、未経験からの転職成功率は96.2%

ウズウズカレッジ

44,000円

受講生満足度「4.5/5.0」のオンラインプログラミングスクール。あなた専属のコーチが学習カリキュラムと就活プランを作成。これまで8,000人以上が受講。プログラマー向けのJavaコースとインフラエンジニア向けのCCNAコースあり。

記事の見出しをピックアップ!

3. 誰かに必要とされるシステムを自分で開発してみたい

「誰か必要とされるシステムをつくりたい」といったように、自分ではなくユーザーにピンが立って物事を考えられるあなたは、起業家精神の強い方だと思います。

スクオ

こういった方はハードルが高くても自社開発系企業を目指すべきです。

なぜなら、自社開発系企業は企画からエンジニアが関わることができ、ビジネス理解のあるエンジニアになれるからです。

引用:paiza開発日記

もちろん、未経験から自社開発企業を目指すのはとてもハードルが高いです。

厚生労働省の調査によれば、自社開発(=客先常駐をしていない)企業の比率は、IT業界で7.7%しかいません。

引用:IT エンジニアが働く職場の現状
スクオ

この数少ないパイを奪い合う構造になっているため、未経験から自社開発に就職するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1,000時間(半年)以上のプログラミング学習
  • 高品質でオリジナルなポートフォリオ(開発制作物)
  • 組織へのカルチャーフィット
  • ポテンシャルのアピール(学歴や職歴など)

この茨の道をサポートしてくれるスクールは、未経験からWeb系自社開発の就職に強い以下の候補から選ぶべきです。

スクオ

自社開発企業に特化したカリキュラムをつくっており、他スクールよりあなたの目的に合致しています。

Web系自社開発に強いスクールの料金は40万以上が相場です。高い買い物になるため、まずは説明会に参加して雰囲気を確かめて見ることをオススメします。

スクオ

給与後払い方式(ISA)を採用しているCODEGYM ISAなら入学金は無料なので、初期費用を抑えたい人にはオススメのスクールです。

Web系自社開発企業に強いスクールTOP3
  1. RUNTEQ公式サイト
    学習量800~1,000時間!自走力を養う「答えを教えない学習方針」で、Web系企業に入れるスキルが身につく。
    6/30までに入学した方なら50,000円のキャッシュバックのキャンペーン中!(https://runteq.jp/
  2. CODEGYM ISA公式サイト
    日本初給与後払い方式(ISA)を採用。入学金無料でチーム開発含む1,000時間の学習カリキュラムが受けれれる。
    「業界で活躍し続けられるスキル」が身につくのがコンセプト。(https://codegym.jp/isa/
  3. ポテパンキャンプ 公式サイト
    100社以上の自社開発企業と提携しているポテパンキャンプ。未経験からWeb系開発企業内定率100%。
    転職できなければ全額返金あり!(https://camp.potepan.com/

4. 副業としてプログラミングを学びたい

副業としてプログラミングを学びたいなら、デイトラ一択と言えます。

デイトラは、現役のフリーランスが作成した”稼げるカリキュラム”なのが特徴です。

スクオ

初級、中級、上級とスキルを学んだのち、「実務」というクライアントに営業するノウハウまで学べます。

スクオ

価格も99,800円と、30万が相場の他プログラミングスクールに比べて手が出しやすい価格設定になっています。

転職ではなく「副業」を目的とするなら、稼げることにフォーカスしたデイトラを利用することをオススメします。

スクオ

今なら無料体験講座が用意されています。
登録する前に内容確認しておくことをオススメします。

記事の見出しをピックアップ!

5. 趣味や教養、本業の業務改善のためにプログラミングを学びたい

趣味や教養、本業の業務改善のためにプログラミングを学びたいなら、あなたの目的に焦点絞れるCODEGYM エンジニア教養がオススメです。

スクオ

CODEGYM エンジニア転職では、現役エンジニアがあなたの目的に合わせたオリジナルの特別プランを作成してくれます。

スクオ

185教材から自分の目的に合った教材を選べ、現役エンジニアへの質問サポートまであります。

月額8,800円で利用できるので、自分が学びたいところに特化して通えるのがポイントです。

スクオ

直接講師とマッチングできるMENTAを使って、自分の目的に合う人を見つけるのもありですよ!

趣味や教養、本業の業務改善のためにプログラミングを学びたい
  1. CODEGYM エンジニア教養公式サイトを見る
    月額8,800円で、現役エンジニアがあなたの目的に合った学習方法を指導してくれるスクール。チャットサポートもあるので、学習中わからないことがあっても挫折しない。22コースx185教材から選べる。https://pg.codegym.jp/
  2. MENTA公式サイトを見る
    月額1,000円からあなたにあったパーソナルトレーナーを見つけられるサービス。約3,000名のメンターが在籍しているので、学習方法や技術トラブルについても質問できる。(https://menta.work/

まとめ|自分の目的にあったスクールはどれ?

タダシ

プログラミングスクール数が多すぎ。
自分に合うスクールはどれ?

こんなお悩みは解決できましたか?

スクオ

当サイトでは、目的別に以下のスクールをオススメしています。

自分の目的に合った正しいスクールを選んでくださいね!

目的選び方
1. 手に職つけて安定したキャリアが欲しいプログラミングより学びやすく、将来にわたって安定したニーズが見込めるインフラエンジニアがオススメ。評判の良い就活支援つきインフラスクールを探すべき。
2. ニーズのあるスキルを学び、高年収と自由な働き方が得たい実務経験を1~2年積むことを最優先に、就活支援つき無料プログラミングスクールに通うのがオススメ。卒業生が未経験から活躍している企業がわかるので、1人で就活したり転職エージェントに頼り切りになるよりも、転職成功確率が上げられる。
3. 誰かに必要とされるシステムを自分で開発してみたい起業家精神の強いあなたには、ハードルが高くても自社開発企業の就職を目指すのがオススメ。自社開発企業への就職に強いプログラミングスクールに通うべき。
4. 副業としてプログラミングを学びたい副業・フリーランスとして稼げることがゴールになっているデイトラに通うのがオススメ。現役フリーランスが作成したカリキュラムで、案件獲得方法まで学べる。
5. 趣味や教養、本業の業務改善のためにプログラミングを学びたい学びたいことに合わせてカリキュラムをカスタマイズできるCODEGYM エンジニア教養MENTAがオススメ。月額制で料金もリーズナブル。

紹介したスクールはこちら!

おすすめの無料インフラスクールTOP2
  1. ネットビジョンアカデミー|公式サイト
    CCNA合格率99%のインフラエンジニア養成スクール。口コミ評価が「4.9/5.0」で話題。「未経験者が選ぶインフラスクール」で1位を獲得!(https://www.netvisionacademy.com/lp/
  2. ウズウズカレッジ|公式サイト
    利用者数10,000人超えの大人気インフラスクール。カリキュラムの口コミは「4.5/5.0」と高い。完全オンラインスクールで、全国どこでも通学可能https://uzuz-college.jp/ccna/

ネットビジョンアカデミー

無料

未経験者が選ぶインフラスクール第1位に選出。インフラ資格「CCNA」合格率は99%で、転職成功率も98%と高い。オンラインレビューサイトの評価は「4.9/5.0」と非常に高い。

ウズウズカレッジ

33,000円

受講生満足度「4.5/5.0」のオンラインプログラミングスクール。あなた専属のコーチが学習カリキュラムと就活プランを作成。これまで8,000人以上が受講。プログラマー向けのJavaコースとインフラエンジニア向けのCCNAコースあり。

おすすめ無料プログラミングスクールTOP2
  1. プログラマカレッジ公式サイト
    完全無料。紹介先は7,000企業で業界最大。チーム開発もできる。(https://programmercollege.jp/
  2. ウズウズカレッジ公式サイト
    年齢制限なし。受講生満足度「4.5/5.0」と高評価な無料スクール(https://uzuz-college.jp/java/

プログラマカレッジ

完全無料

国内最大級の就活一体型プログラミングスクール。紹介求人数は業界No.1の3,500企業。チーム開発ありの3ヶ月の充実したカリキュラムで、未経験からの転職成功率は96.2%

ウズウズカレッジ

44,000円

受講生満足度「4.5/5.0」のオンラインプログラミングスクール。あなた専属のコーチが学習カリキュラムと就活プランを作成。これまで8,000人以上が受講。プログラマー向けのJavaコースとインフラエンジニア向けのCCNAコースあり。

Web系自社開発企業に強いスクールTOP3
  1. RUNTEQ公式サイト
    学習量800~1,000時間!自走力を養う「答えを教えない学習方針」で、Web系企業に入れるスキルが身につく。
    6/30までに入学した方なら50,000円のキャッシュバックのキャンペーン中!(https://runteq.jp/
  2. CODEGYM ISA公式サイト
    日本初給与後払い方式(ISA)を採用。入学金無料でチーム開発含む1,000時間の学習カリキュラムが受けれれる。
    「業界で活躍し続けられるスキル」が身につくのがコンセプト。(https://codegym.jp/isa/
  3. ポテパンキャンプ 公式サイト
    100社以上の自社開発企業と提携しているポテパンキャンプ。未経験からWeb系開発企業内定率100%。
    転職できなければ全額返金あり!(https://camp.potepan.com/
趣味や教養、本業の業務改善のためにプログラミングを学べるスクール
  1. CODEGYM エンジニア教養公式サイト
    月額8,800円で、現役エンジニアがあなたの目的に合った学習方法を指導してくれるスクール。チャットサポートもあるので、学習中わからないことがあっても挫折しない。22コースx185教材から選べる。https://pg.codegym.jp/
  2. MENTA公式サイト
    月額1,000円からあなたにあったパーソナルトレーナーを見つけられるサービス。約3,000名のメンターが在籍しているので、学習方法や技術トラブルについても質問できる。(https://menta.work/

コメント

コメントする

目次
1番上へ
クリックできる目次
閉じる