エンジニアカレッジ就職先は全てSES!?ブラック企業は多いのか徹底調査

おすすめ無料のインフラエンジニア養成スクールTOP3
  1. ネットビジョンアカデミー|公式サイト
    CCNA合格率99%のインフラエンジニア養成スクール。口コミ評価が「4.9/5.0」で話題。「未経験者が選ぶインフラスクール」で1位を獲得!(https://www.netvisionacademy.com/lp/
  2. ウズウズカレッジ|公式サイト
    利用者数10,000人超えの大人気インフラスクール。カリキュラムの口コミは「4.5/5.0」と高い。完全オンラインスクールで、全国どこでも通学可能https://uzuz-college.jp/ccna/
  3. エンジニアカレッジ公式サイト
    日本最大の就活直結型インフラスクール。完全無料研修で2ヶ月でインフラエンジニアに。Linux資格も取得可能。就職先も3,500求人で国内最大レベル!(https://programmercollege.jp/lp4/

エンジニアカレッジの就職先は?
ブラックSES企業ばかりか気になります。

このお悩みを解決する記事です。

インターノウス社が提供するProengineer(プロエンジニア)のエンジニアカレッジは、

✔️ 完全無料
✔️ 業界最大の7,000求人を紹介可
✔️ 2ヶ月でインフラエンジニアに転職

といった特徴のあるプログラミングスクールです。

一方、受講料が完全無料と聞くと「怪しい企業に紹介されるのでは?」と不安に感じる人も多いと思います。

そこでこの記事では、20件以上の無料プログラミングスクールを比較検討してきた私が、

  1. 就職・転職できる企業一覧
  2. 転職・就職後の平均年収
  3. 転職・就職先のSES企業の比率
  4. 転職・就職先のブラック企業比率

についてわかりやすく紹介します。

読み終えると、「エンジニアカレッジで就職できる企業はブラックではない」という事実がわかり、申し込み前の不安を解消できます。ぜひ参考にしてください。

またエンジニアカレッジで紹介できる求人は毎月増えています。

最新の求人数を知りたい人は、エンジニアカレッジの説明会に参加して、直接質問してみてください。

「説明会参加」=「受講申込み」ではなく、無理な勧誘も一切ないので気軽に参加して問題ありません。

\【完全無料】未経験の正社員就職率96.2%/

外出せずオンラインで説明会に参加!
カンタン30秒で申し込み

✔︎ 説明会後の勧誘は一切ないのでご安心を。

クリックできる目次

エンジニアカレッジの就職・転職先

この見出しでは、エンジニアカレッジの就職・転職先について、どのサイトより詳しく紹介します。

この見出しであつかうトピック
  1. 就職先は充実の3,500企業で業界最多
  2. 正社員の就職成功率は96.2%と高い
  3. 平均年収はNTTデータと同水準
  4. 就職先は100%SES企業
  5. 紹介先からブラック企業は除外
  6. 具体的な企業名と評判を紹介

読み終えると、エンジニアカレッジで就職できる企業や年収について詳しくわかります。

それでは一つずつ説明していきます。

就職・転職先は充実の3,500企業

エンジニアカレッジは、設立から10年経つ実績のあるプログラミングスクールです。

エンジニアカレッジを運営するインターノウス社は、もともと現役エンジニア向け転職エージェントサービスを展開しておりました。

そのため、紹介可能な企業は業界最大級の「3500社」で、常に「5000~7000求人」を保有しております。

エンジニアカレッジは、他のスクールに比べて圧倒的な営業力を持っています。常時5000件から7000件の求人情報をもっているからこそ、この内定率を実現できます。

引用:公式サイト(https://engineercollege.jp/)

実際、他のスクールに比べて紹介できる求人数の「桁が違う」ことがわかります。

スクール紹介できる求人数
エンジニアカレッジ5000~7000件
GEEK JOB500件
0円スクール1件(ブレーンナッジシステムのみ)
ITECアカデミー39件
無料PHPスクール1,024件
ネットビジョンアカデミー115件

紹介できる求人数が多いということは、

行きたい企業が見つかる確率が高い

ことを意味するため、希望とマッチする企業が見つかりやすいことがエンジニアカレッジの特徴です。

M Maki

個人レッスンでインフラエンジニア研修を受講し、就職先を紹介していただきました。こちらにお世話になる前に某人材紹介会社に相談に行ったこともありますが、その時と比べて紹介いただける企業や業務の幅は増えたように感じました。

引用元:GoogleMap

正社員の就職・転職成功率は96.2%

引用:公式サイト(https://engineercollege.jp/)

先ほど述べたように、エンジニアカレッジの運営会社は転職エージェントサービスを10年以上展開しています。

10年以上の実績にもとづく「IT業界に転職するのノウハウ」を、エンジニアカレッジは無料で受けることができます。

そのため、正社員としての就職・転職成功率は「96.2%」と非常に高いです。

せきさん

履歴書や職務経歴書の作成や面接の練習など色々と親身にサポートしていただきました。 おかげで、正社員経験ゼロ、フリーター歴9年29歳という崖っぷち状態でしたが、複数内定を頂き、志望していた企業に無事入社が決まりました! 本当にありがとうございました!!

引用元:GoogleMap

就職・転職後の平均年収はNTTと同水準

スキルなし・未経験の業界に転職すると、ほぼ間違いなく給与は下がります。

しかしながらインフラエンジニアの需要は高いため、未経験であってもNTTと同水準の給与は獲得できます。

実際、エンジニアカレッジの公式資料によれば、転職後の平均年収は「250~300万/年」です。

※エンジニアカレッジ説明会資料より抜粋
インフラ
未経験から就職できる年齢上限〜30歳
平均初任給(月)20万前後
平均初任給(年)250~300万
年収の上限800万程度

NTTデータの初任給は、大学卒で22万、高専卒で19万です。業界最大手の会社と同水準の初任給を獲得できているのがわかります。

2021年4月初任給実績

  • 博士了 300,610円
  • 修士了 251,930円
  • 学士卒 222,430円
  • 高専卒 192,630円

NTTデータ新卒採用サイトより

またインフラエンジニアという職業は、経験年数が増えるごとに年収も増える傾向にあります。

ネットワーク分野で世界的なリーダーであるCisco-Japanの調査結果によれば、インフラエンジニアとして経験を重ねていくほど年収が増えていくことがわかりました。

勤務年数年収
2年以上404万 ~ 578万円
3年以上496万 ~ 701万円
4年以上645万 ~ 900万円
参考:CCNA/CCNP/CCIE保持者の給与リサーチ

初任給は最大手の企業と同水準、経験を重ねれば給与が上がっていくことがわかっていただけると思います。

平井伸弥

ハローワークなどに載っていない優秀な零細企業がたくさんあり、待遇もよい会社もそこそこ見つかる。自分の場合は、あくまで見込みベースですが前職よりも結果的に年収が+80~100万円UPした感じです。

引用元:GoogleMap

就職・転職先は100%SES企業

エンジニアカレッジの就職先は、ほぼSES企業です。

実際にエンジニアカレッジの公式資料によれば、就職先はSIer向け常駐型(SES)のみとなっています。

※エンジニアカレッジ説明会資料より抜粋

インフラエンジニアは、ボタン一つで会社のサービスが停止してしまう責任重大な仕事です。

自社開発企業のように一人ひとりの生産性を求める会社では、未経験からの採用枠は少なくなります。

そのため、未経験からの転職は、SES企業で実力をつけてから自社開発に転職することをオススメします。

就職・転職先にブラック企業は少ない

「就職先が100%SESだと、ブラック企業に紹介されるのでは?」と不安に感じる人も多いと思います。

しかし、エンジニアカレッジは10年にわたるスクール運営の中、

✔️ 卒業生からの評判が悪い
✔️ 長時間の労働を強いる

といった企業は、紹介先企業から徹底して除外しております。

そのためSES企業の中でも質の高い「優良企業」が多く紹介されているわけです。

実際、「内定をとった企業」ではなく「本当に行きたい企業」をサポートしてくれたという口コミがあります。

1つ内定が出たら、そこへ行くことを勧めるエージェントがいるという話をよく聞きますが、池田さんの場合は、内定をもらえても「その会社には何%くらい行きたい?」と聞いてくださったので、急がず、慌てず、本当に行きたいと思える企業を選ぶことができました。

引用元:卒業生インタビュー

就職・転職先の企業を詳しく紹介

エンジニアカレッジ公式サイトによれば、

引用:公式サイト(https://engineercollege.jp/)

といったように、チームラボCROOZなど有名企業が紹介されています。

またロゴは公開されていませんが、サイバーエージェント楽天といった大手IT企業の名前も取引企業として挙げられています。

当社はサイバーエージェント様や楽天様のようなメガベンチャーから、上場前後のベンチャー、設立間もないスタートアップ企業、大手SIer、受託開発、アウトソーシング(SES)まで3500以上の企業様とお取引をしております。

引用:公式サイト(https://engineercollege.jp/)

こう聞くと、「未経験でも有名IT企業に就職できるのか?」と疑問に思うと思います。

しかし、現実はそんなに甘くありませんでした

エンジニアカレッジの説明会で聞いたところ、未経験からIT企業から狙う場合はポテンシャルが重視されるため、「25歳以下で高学歴」 or 「ITディレクター経験あり」などの実績が必要とされるみたいです。

未経験から400万以上の年収を獲得できる人は、70~80人に1人の割合ということでした。

そこで実際にスクール卒業生が就職した企業を調査してみましたが、社員の年収は300~600万、口コミサイトの評判もわるくないといった企業でした。

変にマイナーなスクールに通ったり、業界の情報がないままエージェントから紹介される企業に入社されるよりも、卒業生が実際に活躍できる優良会社に就職できる方が良いと考えます。

就職・転職先のまとめ

さて、ここまでの復習です。

  • 違約金もない完全無料の研修が受けられて、求人数は5,000~7,000業界最多
  • 正社員としての就職率も96.2%と高く、年収はNTT同水準
  • 就職先はSESがほとんどだがブラック企業は除外済み
  • 内定を取れた企業ではなく「本当に行きたい企業」をサポート

20社以上の無料プログラミングスクールを検討してきましたが、エンジニアカレッジはダメだしできるポイントがありません。もっともオススメできるスクールです。

「未経験から手に職つけて安定したキャリアが欲しい」という方には、エンジニアカレッジをお勧めします。

2022年、気持ちを切り替えるつもりで、ますは説明会だけでも参加してみてはいかがでしょうか?

\【完全無料】未経験の正社員就職率96.2%/

外出せずオンラインで説明会に参加!
カンタン30秒で申し込み

✔︎ 説明会後の勧誘は一切ないのでご安心を。

コメント

コメントする

目次
1番上へ
クリックできる目次
閉じる